東筑印刷の4つの特徴
参考料金表

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • よくあるご質問
  • 注文する

企業情報

  • 会社案内・アクセスマップ
  • 特定取引法に基づく表記
  • お問い合わせ
機械設備を動画でご紹介

営業カレンダー

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
休日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休日
 
よくある質問

当社の営業について

最近設立されたネット上だけの会社でしょうか?
創業は100年以上となる老舗の印刷会社です。
もちろん古いのは設立だけで機械は最新です。責任と培われた技術をもって弊社の工場で印刷そして製本まで致します!安心してお任せください!
休業日はいつでしょうか?
土・日・祝日は基本の休業日とさせて頂いております。
お盆休み、お正月休み、ゴールデンウィーク等の休業日につきましては、ホームページ上のカレンダー等でご案内させて頂きます。
なお、休業日の間にいただきましたお問い合わせや注文につきましては、休み明けに順次回答させて頂きますのでご了承ください。
遠方からの注文なのでやり取り等が心配です。
安心してご注文下さい!
弊社は、営業100年の実績がございます。北海道から九州まで遠方にお住まいの方の冊子も受注しており、もちろん多数の実績がございます。
お電話やメールでのやりとりをしながら、しっかりとしたサポートをさせていただきますのでご安心くださいませ!
会社に訪問してからの打ち合わせや持ち込みは大丈夫でしょうか?
もちろん大歓迎です!
お客様が来社されてご相談される方も多数いらっしゃいます。お越しいただく際は、冊子見本やデータ、原稿等をお持ちいただければと思います。打ち合わせにお越しの際は日程とお時間を事前にご連絡ください。
※お問合せフォームからのご予約とさせていただきます。

当社の営業について

印刷を依頼したいのですが、どのようにしたらよろしいですか?
まずはお問い合わせフォームまたはお電話よりお問い合わせください。
担当者がお伺いし、打ち合せをさせていただきます。分かる範囲で数量や紙の種類、刷り色、そして納期など事前にお知らせ頂くとスムーズです。
また、企画中や検討中の案件でもお気軽にご相談ください。
印刷部数の最低ラインはありますか?
最低ラインはございません。
もちろん1冊からでもご依頼いただけます。自動見積もりフォーム以外の数量や頁数、紙の種類などをご希望の場合はお問合せフォームよりご連絡いただければお見積りをさせていただきます。お気軽にご連絡ください。
領収書・納品書を発⾏してもらえますか?
領収書・納品書の発行については別途お問い合わせください。
どのくらいの期間で仕上がりますか?
通常の無線綴じ冊子の場合、校了後5営業日後に発送させていただいております。
ただし、冊数や頁数によっては7営業日後の発送もございます。仕上がり期間に関して通常日数以外の場合はご連絡させていただきます。
出荷からお届けまでの⽇数は?
お届けは出荷⽇の翌⽇以降となります。また、クロネコDM便発送の該当商品は、お届けまで数⽇かかります。
配達予定⽇はお届け先ごとに異なりますので、下記URLをご参照下さいませ。
http://date.kuronekoyamato.co.jp/date/Main
無線綴じ冊⼦で料⾦表にないページ数や冊数は注⽂できますか?
料金表にないページ数や冊数のお⾒積りも可能ですので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
料金表の価格以外に費⽤はかかりますか?
料金表には、消費税はもちろん、すべてが含まれた金額です。送料は沖縄県と⼀部離島を除き配送先1カ所まで無料です。
キャンセルは可能ですか?
印刷・製本等の作業工程に入りますと、その後の内容・仕様・冊数の変更やキャンセルは別途費用が発生いたします。
あらかじめご了承ください。

入稿について

入稿できるファイル形式は何ですか?
ワード・パワーポイント・イラストレーター・インデザイン・一太郎・PDFといった形式に対応しております。
また紙原稿による入稿も受け付けております。
入稿データはどこへ送ればいいのでしょうか?
自動見積もりから注文を頂く場合は自動返信でお客様専用ご入稿アドレスをご案内いたしますので、そちらからデータをお送りください。郵送でのCDやUSBのご入稿も承っております。

自動見積もり

自動見積もりの『ページ数』というのはどういうことを指すのでしょうか?
本文の合計ページ数のことを指します。(表紙・扉・Z折りのページは除きます)
本文用紙1枚あたり、2ページになります。(両面に印刷しますので、表裏で2ページ換算となります。)
※本文途中に入る調整用白ページはモノクロ換算の1ページとなります。
自動見積もり以外の仕様はありますか?
もちろんございます。頁数、冊数やサイズ等様々なニーズに対応しております。
また、それ以外のご要望にもできる限りお応えし、例えば表紙の紙はもっと厚い紙で本文は薄い紙でお願いしたい、サイズが小さな冊子をお願いしたい等のご要望も承っております。
その場合は別途お見積りとなりますので、お気軽にご相談ください。
※お問合せフォームまたはお電話でご連絡ください。